革へのこだわり

吟味を重ねた上質な革
鞄づくりの要となる、上質な革。
「こどもたちが6年間持ち続ける鞄」というランドセルの特性を大切に、丈夫さと美しさをあわせ持つ革を吟味しています。人工皮革の「クラリーノ」はもちろん、天然皮革の「牛革」「コードバン」も水に強い仕様に(「ヌメ」「SHAPE」を除く)。
どの革のランドセルを選んでも、6年間安心してお使いいただけます。

牛革

革ならでは風格と丈夫さ

牛革の魅力は、革ならでは風格と丈夫さ、そして、使うほどに体になじんでいくところ。
表面に凹凸加工をつけて、傷がつきにくく、また、傷がついても目立ちにくい革にしました。土屋鞄で一番人気の素材です。

コードバン

美しいつやをまとった高級革

コードバンは、馬のお尻の革を丁寧になめした、肌目が細かく、なめらかな手触りの高級革。
馬1頭からとれるのはランドセルのフタ2枚分だけと希少性の高い革です。宝石のような美しい光沢を放つことから、“革のダイヤモンド”と称されます。水に強い加工を施しているので雨の日も安心です。

クラリーノ®・エフ

軽くてやわらかな人工皮革

クラリーノ®は、軽くて丈夫な人工皮革。その中でも土屋鞄では、しなやかさや革らしい風合いに優れたクラリーノ®・エフを使っています。
「通学距離が長いから」「小柄だから軽いランドセルを」という理由で選ばれる方も多い素材です。

ヌメ革

月日とともに深まる色つや

土屋鞄のランドセルのヌメ革は、防水などの加工をしていない、革本来の自然な風合いを生かした牛革。
月日とともに色つやが深まり、使い込むほどに味わい深い表情を見せます。防水や保湿などのケアが必要ですが、手を掛けた分だけ愛着も深まっていくでしょう。

等しく丈夫に、美しく

土屋鞄のランドセルは、基本は同じつくり、同じ形ですが、革の個性は十人十色。それぞれの革の特性を見極めながら、つくりや仕様を少しずつ変えています。
例えば、立体的な前ポケット。革がかたい牛革やコードバンは形がきれいに出ますが、クラリーノはやわらかく、形が出にくいため、芯材を入れて立体感を出しています。
どの革も等しく丈夫に、美しく仕上げるために。補強したり、ひと手間かけたりしてつくり上げています。

*写真のランドセルはベーシックカラー クラリーノ®・エフ 赤×白です。