使用上のご注意

晴れの日も雨の日も、こどもたちと一緒に過ごすランドセル。知っておくと役に立つ素材の特性や使用上の注意点をご案内します。

天然皮革のランドセルは、
使うほどにフタがなじんできます

牛革 ·コードバン・アトリエ(牛革)・ヌメ革のランドセルは天然皮革のため 、使い始めはフタがやや硬く感じられるかもしれません。マグネット錠が閉めづらい時は、二つある錠前の穴のうち緩くかかる方の穴で留めたり、両手で閉めたりしてみてください。使ううちに、革は少しずつ柔らかくなっていきます。

交通安全の黄色いカバー、
“つけっぱなし”は要注意

入学すると配られる交通安全の黄色いカバー。 1年間“つけっぱなし”は要注意です。紐の跡やカバーの塗料がついてしまうことがあります。夏休みなどの長いお休みを利用して、定期的に外してください。

※カバーを取り付ける際、紐をきつく締めたり、両面テープで接着したりすると革が傷むことがあります。取り付けには十分ご注意ください。

日焼け止めや虫除けスプレーは落ちにくいのでご注意を

日焼け止めや虫除けスプレーは、ランドセルにつくと落ちにくいのでご注意ください。汚れを落とすために除光液を使用すると変色することがあります。困った時は、気兼ねなくお客様サポート係にご相談ください。

修理のお問い合わせはこちら ≫

ランドセルは立てて置きましょう

ランドセルを寝かせて置くと、肩ベルトの形が崩れる原因に。保管する時は立てて置きましょう。

【軽井澤ランドセルの場合は……】

ホイッスルチャームの取り付け方
①最初に、肩ベルトの留め金具を外します。次に、チャームホルダーを肩ベルトの下から通します。
②ホイッスルチャームのストラップの先をDカン(D字型の金具)に上から通し、チャームをストラップの切れ込みにくぐらせた後、下に引っ張って締めます。
③ホルダーにチャームを差し込みます。
④ストラップとホルダーのバネホック(ボタン)を留めて、取り付けは完了です。

ホイッスルチャーム使用上のご注意
ホイッスルチャームを使う時以外は、必ずチャームホルダーに収納してください。ブラブラさせた状態のままですと、ものにひっかかる可能性があり危険です。ホイッスルを吹いた後は、乾いた布などで拭きましょう。防犯ホイッスルではありませんので、防犯を目的とした使用はお控えください。

※軽井澤ランドセルは2015〜2018年ご入学用販売モデルです。