「ランドセル選びのヒント」

卒業する時に、「このランドセルにしてよかった」と思ってほしいから。
たくさんあるランドセルの中から、お気に入りの一つを見つける際の参考になれば、
うれしい限りです。

「ランドセル選びのヒント」

卒業する時に、「このランドセルにしてよかった」と思ってほしいから。たくさんあるランドセルの中から、お気に入りの一つを見つける際の参考になれば、うれしい限りです。

傷が目立たないのはどの素材ですか?

土屋鞄で一番人気の「牛革」は、傷がつきにくく、また、ついても目立ちにくいように、表面に凹凸加工を施しています。
どの素材も、6年間安心して背負っていただける丈夫さを備えていますが、それぞれに苦手な傷があります。なめらかな手触りが魅力の馬革「コードバン」は、硬いものが当たると傷がつきやすく、軽くて柔らかな人工皮革「クラリーノ®・エフ」は、強く引っかくと、傷がつくこともあります。
革本来の自然な風合いを生かした「ヌメ革」と「シェープレザー」は、他と比べると傷がつきやすい素材ですが、きちんとケアをすることで傷は味わいを深め、やがて成長の記録になっていきます。

天然皮革のランドセルは、お手入れが必要ですか?

土屋鞄では、「牛革」「コードバン」「ヌメ革」「シェープレザー」の4種類の天然皮革のランドセルがあります。
中でも、「牛革」と「コードバン」のランドセルは、特別なお手入れは必要ありません。
ちょっとした汚れは、かたく絞った布で優しく水拭きすれば、スッキリきれいに。水拭きで落ちない汚れには、皮革用クリーナーをお使いください。
自然な風合いを生かした「ヌメ革」と「シェープレザー」のランドセルには、定期的な防水・保湿ケアが必要です。詳しくは、こちらのページをご確認ください。

土屋鞄のランドセルの特徴は?

「ランドセルはこどもたちにとって、人生で最初の鞄。だからこそ、“本物”を手にしてほしい」。土屋鞄のシンプルなランドセルには、創業者・土屋國男のそんな思いが込められています。
大切にしているのは、6年間の成長を支える丈夫さと、小さな体への負担を抑えた背負い心地のよさ。そして、使うほどに愛着の深まる、洗練された佇まいです。
製品への品質に責任を持ち続けるため、職人による修理体制も充実させています。「6年間無料修理保証」では、使い込むうちに生じた不具合も、友達とふざけていて起こった不注意による破損も、無料で修理を承っています。
カタログでは、ランドセルへのこだわりや、土屋鞄が大切にしていることなどを丁寧にお伝えしています。無料でお届けしていますので、気軽にご請求ください。

何を基準にしてみなさんは選んでいますか?

お子さまの好みや体形、通学環境、6年間使うことなどを踏まえながら、素材で選んだり、デザインで選んだり……。ご家族によって、選ぶ基準はさまざまなようです。
「好きな色はどれ?」「6年生になっても似合う色は?」「どの質感が好き?」「重さは?」など、お子さまと会話を弾ませながら、お気に入りの一つを見つけてください。
カタログでは、ランドセルへのこだわりや、土屋鞄が大切にしていることなどを丁寧にお伝えしています。無料でお届けしていますので、気軽にご請求ください。

シリーズごとの特徴は?

こどもたち一人ひとりの豊かな個性に寄り添えるように。そんな思いを込めて、新シリーズ「RECO」を含む、8シリーズをご用意しています。
「ベーシックカラー」は、赤や黒など、定番の落ち着いた色合いで仕立てたシリーズです。「ベーシックカラープラス」は、本体は定番色で、背あてと内装、ステッチに彩りをプラスした、色合わせが楽しいランドセルです。
「アンティークモデル」は、あめ色の内装と金色の金具が、どこか懐かしい、レトロな印象を与えるシリーズ。「プレミアムカラー」は、「色」にこだわったランドセルで、空や花、樹々など自然の色からイメージを膨らませています。
フタを開けると華やかなイラストが目を引く「アトリエ」は、アーティストと一緒につくったシリーズです。それぞれのイラストに、こどもたちへの思いが込められています。
自然な風合いを生かした革で仕立てた「ヌメ」は、月日とともに色つやを深め、自分だけの表情に育っていくのが楽しみなランドセルです。
持つことで、誇らしさや豊かさを感じられる鞄をこどもたちへ――。革にヘリンボーン柄を刻んだ「SHAPE」は、土屋鞄が提案する、ランドセルの新しい形です。
色選びの自由をもっと広げて、自分らしくいられる色と毎日を過ごしてほしい。新シリーズ「RECO」は、そんな思いから生まれました。赤や黒などの定番色を、性別の枠を超えて選べるように、落ち着いたトーンで仕立てています。

いろいろな色があって、悩んでしまいます。

お子さまが好きな色、ご両親のおすすめの色、背負ってみて似合う色、6年生になっても好きでいられる色――。ご家族によって、選ぶ基準はさまざまなようです。
同じように見えるランドセルも、背あてや内装、ステッチの色など、それぞれに特徴があります。お店や出張店舗にいらした際は、お時間の許す限り、いろいろなランドセルを手に取り、背負ってみてください。
WEBサイトの各製品ページでも、細かな仕様をご覧いただけます。同系色のランドセルを並べた写真も掲載していますので、よろしければ参考になさってください。

こどもと親の希望が違うのですが、みなさんはどうされていますでしょうか?

ご家族によって、選び方はそれぞれです。お店では、「何で一番悩まれていますか?」とお話しを伺いながら、ランドセル選びのお手伝いをさせていただいております。お悩みの際はどうぞ気軽に、スタッフまでお声がけください。
また、ご来店が難しい時は、LINEのチャット相談をご利用ください。お子さまにぴったりのランドセルが見つかりますよう、製品を熟知したスタッフが、一つひとつの質問に丁寧に答えさせていただきます。

「土屋鞄のランドセルは重い」と聞いたのですが……。

土屋鞄の中で最も軽いクラリーノ®・エフのランドセルは、1,160g前後。6年間背負える強度を保ちながら、軽量化にも取り組んでいます。
小さな体への負担を減らせるよう、背負い心地にもこだわっています。背カンには、動きに合わせて可動する「立ち上がり背カン」を採用。体に触れる面が大きくなることで重量感が減り、体にかかる負担を軽減させます。
また、肩ベルトは、肩から胸のラインに優しくフィットするS字型を起用しています。ランドセルと背中の密着度が自然と高まり、重さが分散されます。

収納力は?

必要な教材がきちんと収まる容量を備えています。
メイン収納の「大マチ」には、教材の中でも大きなA4フラットファイル(縦30.7㎝×横23.1㎝)が、マチの一番高い位置にぴったり収まります。
ファスナー付きの前ポケットには、雨カバーを入れたり、鍵など大事なものをしまったり。もう一つの「小マチ」と呼ばれるポケットには、筆箱など少し厚みのあるものを入れられます。

いつまでに注文すれば、希望のランドセルを購入できますか?

2022年ご入学用ランドセルのご注文受付期間のうち、受付初日から7月31日(土)までは、完売を出さず、ご希望いただいたすべてのランドセルをおつくりする「すべてのランドセルからご注文いただける期間」とさせていただいております(材料が希少なため、「SHAPE」シリーズは期間内に完売することがあります)。
この期間が終了すると、ご注文本数に達したランドセルから完売となっていきます。
また、4月から5月にかけて開催される出張店舗は、「すべてのランドセルからご注文いただける期間」内となっておりますので、どうぞご安心ください。
店舗・出張店舗では、感染対策のため、予約制とさせていただいております。みなさまにはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

ご家族みなさまのランドセル選びが楽しくなるよう、スタッフがサポートいたします。

ページをシェアする