丈夫さへのこだわり

丈夫なつくりのために、細かな部分こそ大切に。
大切にしているのは、6年生最後の日まで安心して背負える鞄をつくること。
細部にこだわり、ひと手間を重ねています。

6年間を支える丈夫なつくり

イチョウ葉の形をした芯材

側面に入っているのは、樹脂素材とスポンジを重ねた丈夫でしなやかな芯材。
イチョウ葉のような幅広の形で大きな力をしっかり受け止め、6年間きれいな箱形を保ちます。強度と見た目の美しさを考えてたどり着いた形です。

手縫いで補強

一針一針、力を込めて

ランドセルを背負ったり下ろしたりと、特に負担の掛かる肩ベルトの付け根は手縫いで補強を。厚い革と革の縫い合わせで糸が緩んでしまうのを防ぐため、一針一針力を込めて、グッと締めながら縫っていきます。
糸には毛羽立ち防止にロウをつけています。

小さな部分を大切に 1

指革

「指革」と呼ばれるベルト通し。擦り切れやすい部品なので、革を折り返して二重にし、その上からミシンを掛けて強度を上げます。
端を折り返すことで革の切れ目が隠れるため、見た目もきれいに仕上がります。

小さい部分を大切に 2

尾錠受け

「尾錠(びじょう)」とは肩ベルトのバックルのこと。尾錠がお子さまに直接あたらないように、受けのパーツをつけています。
パーツの裏面が見えないように二枚貼り合わせ、さらに貼り合わせた部分がめくれ上がるのを防ぐため、縁をミシン掛けして仕上げています。

小さな部分を大切に 3

Dカン受け・ナスカン受け

ランドセルの側面についているDカンとナスカンと呼ばれる金具。
金具で本体を傷つけないように、受けのパーツをつけています。パーツの縁には、大人の鞄に使われる「ネン引き」という技法を採用。表情に陰影が加わり、立体感が出ます。

小さい部分を大切に 4

ブラ

「ブラ」とは、肩ベルトの下ひものこと。
昔ながらのつくりを踏襲し、ベルト、尾錠受け、指革などパーツが多いのが土屋鞄のブラの特徴。二枚のベルトを重ねることで、指革が肌にあたって擦れるのを防ぎます。

耐久試験

芯材や金具、フタの開け閉めなど、6年間に使う回数や状況を想定しながら、屈曲試験や耐光試験、摩擦試験など、多岐にわたるテストを重ねています。